夏布団、
まだ洗ってない?

子供と妊婦に対するハウスダストの影響

  1. 布団クリーニングで丸洗い
  2. > マメ知識
  3. > 布団や室内の布団や室内のカビハウスダスト
  4. > 子供と妊婦に対するハウスダストの影響

子供や妊婦の方にハウスダストがどう影響するのかに関して。ハウスダストは子供にも大きな影響があります。子供は咳に耐えている可能性があるため、兆候があれば早い段階での診察をお勧めします。

ハウスダストの影響はなにも健康な大人にだけ現れるものではありません。体内のことですから、基本通り免疫力の低い状態の方ほど影響が深刻な場合があります。

しかしながら、例えば子供であれば大人ほど自分の症状を自覚できず、また正確に他人へ訴えることできないためなかなか分かり辛いものです。

このページでは、体への悪影響が心配な、子供や妊婦の方の方に対するハウスダストの影響について書いています。

子供とハウスダスト

筆者は重度の花粉症患者で慢性的な後鼻漏患者でもあります。そのため、鼻炎や咳についていろいろと調査をしていました。調べた本の中に「咳と痰の臨床(医薬ジャーナル社)」というものがあり、「子供と慢性的な咳」についての専門的な情報もありました。

以下はその本からの引用です。2008年に実施された「未就学児の呼吸器症状の実態-保護者を対象としたアンケート調査報告(発送数1,375/有効回答数1,168/有効回答率84.9%)」の結果です。

乾性咳嗽の症状を「コンコンと乾いた咳が出る(痰はからまない)」、湿性咳嗽の症状を「ゼロゼロといった痰がからんだ咳が出る」と表現して質問した。最近1年間の呼吸器症状は、鼻水・鼻づまりが94.8%と最も多く、次いで乾性咳嗽73.7%、湿性咳嗽64.3%、喘鳴19.2%の順であった。
続いて、以下のように書かれていました。
呼吸器症状はなかったと回答したのは2.7%にすぎなかった。

1,100人ほどの保護者にアンケートをとり、その中で 咳などの慢性的な症状が「ない」と応えたのはわずか2.7% 。つまり、残りは症状があるという返答です。この症状の原因として、以下のようなものが挙げられています。数が多い順に上から並んでいます。

  • 気管支喘息(鼻疾(-)/鼻疾(+))
  • 耳鼻科疾患
  • 呼吸器疾患
  • 心因性他
  • 狭義の慢性咳嗽

そして、この中の「耳鼻科疾患」の治療に関して以下のように書かれています。なお、赤色は筆者がつけています。

遷延する咳嗽にアレルギー性の炎症が関与すると考えられた場合、第一に、児を取り巻く環境からアレルギーを生じさせる原因を排除することを行う。 ダニやハウスダストの家庭内の塵埃 だけでなく、近年のペットブームに関連した猫や犬の抗原や花粉、華美への対策も必要である。

ハウスダストだけが子供の長引く咳の原因ではありませんが、アレルギー性鼻炎に起因する咳はそれなりに存在し、その場合の原因であることに違いはありません。別の原因で咳が出るなら効果は見込めませんが、お子さんがアレルギー性鼻炎ならば、 ハウスダスト対策は意味を持つはず です。

妊婦とハウスダスト

アンケート結果などであありませんが、前項と同様に「咳と痰の臨床」に基づく内容です。

当然のことですが、妊婦でもアレルギー性鼻炎や後鼻漏を発症します。この際、薬の服用には注意が必要です。前述の書籍では以下のように書かれています。

気管形成期である妊娠初期(妊娠15週まで)の妊婦に対しては催奇形性を考慮して薬物療法は極力避けるべきである。鼻閉に対しては温熱療法、入浴、蒸しタオル、マスクなど薬物を使わない方法がある。

妊娠初期は薬物を避けねばならないとのことです。では、初期を過ぎればよいのか?その事についても書かれています。

妊娠5ヶ月以降から分娩までは、鼻症状が日常生活に影響する場合は薬物療法を検討する。この場合は、治療上の有益性が危険性を上回ると判断されたときのみ、安全性の高い薬剤を使用する。薬剤投与による催奇形性はこの時期には起こらないが、ほとんどすべての薬剤は胎児に移行すると考えてよく、これによる胎児の機能的発育に影響を与える可能性(胎児毒性)に配慮するべきである。

初期に比べると緩やかと言えますが、それでもできる限り薬の服用はやめておいたほうが無難なようです。

となると、薬が使えない妊婦の方であれば、できる限りアレルギー性鼻炎の発症自体を防ぐ必要があります。ハウスダスト対策は、この一環として考える必要があります。外であればマスクで他応する、家庭であれば掃除や寝具の丸洗いで対応する、などです。

特に寝具は妊婦の方のみならず、生まれてきた新生児にも影響を与えます。ベビーベットなど専門用品による対策は考えられますが、仮にいつもの寝具でご両親と一緒にとなりましたらダニやハウスダストの影響を考慮しなければなりません。

状況によりますので一概には言えませんが、予防的措置としても布団の丸洗いによるハウスダストの軽減は考えておいた方がよいでしょう。

動き回るお子さんとハウスダスト

出産直後はさすがに自力で動きまわらないでしょうからそれほど心配はいりませんが、ハイハイなど四つん這いで動き出す頃になると、室内のハウスダストには注意が必要です。

通常、全く人が動き回らない室内であれば床や棚などの上部にハウスダストは堆積しています。空気中の浮遊物も下に落ちてくるとなると、天井から下に下がる程堆積量が増すことになります。

つまり、床に手をつけ、顔のいちが30cm程度の位置にあるハイハイ中の赤ちゃんなどはどんどんハウスダストを取り込んでいるような物です。手に着くだけでなく、自分が動くことによってハウスダストを巻き上げ、それを鼻や口から吸い込んでいるのですから。

身長(といいますか床からの頭の位置)が低い程ハウスダストを吸引する量が増えますから、子供が小さい時程気を配る必要があります。

子供が手をついて動き回る範囲に関しては、より念入りに掃除をした方が安全かもしれません。

無菌室は不要。適度な清潔さを保つ掃除が基本。

ハウスダストのことを考えると、ご自宅での育児がとても大変に思えるかもしれません。しかし、ハウスダスト対策は他の事柄とそれほど違いはありません。できる範囲でよいはずです。

質や量の変化はありますが、ハウスダスト自体が急に生まれたものではありませんから(ダニなど大昔からいる訳ですし)、それなりに人間は適応して生きていけます。ハウスダスト対策で神経質になる必要はありません

「掃除をせずにホコリが常にたまる家」にならないように、ごく普通に適度な掃除と換気を行うようにすることが大切です。その上で、お子様にアレルギー症状が出るようなら更なる対策を検討するのが自然な流れに思えます。

ダニやハウスダストが0の無菌室で育てることはできませんし、仮に無菌室で育てられたとしてもその子は身体の良い子供となってしまうでしょうから、事前にリスクを0にする必要性はありません。

なお、ハウスダストのアレルゲンとなるダニ対策として、布団カバーと喘息の子供の関係を対象とした論文がありますので、以下のページをご覧下さい。

1990年の論文であり、現在とは住環境や布団カバーの性能が違いますので、その点はご注意ください。

おすすめの布団丸洗い方法

何度も書いていますが、自宅で布団の丸洗いは大変なので、半年に一度ぐらいの頻度で布団クリーニングを利用することをおすすめしています。

辛く大変な思いをする必要もありませんし、布団を自宅で洗うよりもハウスダストや汚れをキレイに落とせるのですから。

業者に依頼するのは「贅沢なこと」ではなくて、「必要なこと」ですよね。

そんな時に布団以外もまとめて依頼できる便利な業者があります。

布団専門のクリーニング
「フレスコ」

布団のダニ退治 洗濯して、加熱して、吸引して。家から送るだけ!!

布団クリーニングサービスのご利用がはじめてで不安でしたら、筆者が経験済みでダニ駆除にも有効な専門熱処理設備が特徴の布団クリーニングの「フレスコ」をおすすめします。

>>フレスコの口コミを見る

フレスコは、布団だけ(敷き布団と掛け布団のみ)をクリーニングする専門店です。

布団カバーや枕など、布団以外のクリーニングは依頼できません

決済に楽天ID決済(楽天ペイ/RPAY)とAmazonアカウントも使えます。特に楽天ID決済は楽天ポイントを貯められるのでお得です。

詳細や料金は以下の公式ページで。

布団以外もまとめてクリーニング
「リネット」

布団だけではなく、枕、シーツ、毛布、コタツ布団、座布団、ぬいぐるみも可能です!!

布団はもちろん、布団カバー / シーツ / / クッション / 座布団 など数多くの洗濯を依頼できるのが、宅配クリーニングサービスのふとんLenet です。

何も選ばずとも布団は圧縮されて届き、布団用に防ダニ加工オプションもあります。

布団カバーもシーツも丸ごとクリーニングとなれば、リネットをおすすめできます。

詳細や料金は以下の公式ページで(割引キャンペーンの頻度が結構多いです)。

冬布団は
もう洗ってる?