夏布団、
まだ洗ってない?

「洗える布団」VS「布団クリーニングサービス」

「洗える布団」と「布団クリーニングサービス」はどちらが良いのか?「自分でできる」ことが常に良いとは限りません。かけられる時間や手間で判断しましょう。

布団のハウスダストを除去する際に、「洗える布団で自宅クリーニング」か「専門業者による布団クリーニング」のどちらを選択するのかは、とても悩む問題だと思います。

あくまで個人的な意見ですが、以下に私なりの考えを書いてみます。

洗える布団のメリットとデメリット

洗える布団は特殊な繊維を使っているものが多く、普通の布団よりは洗濯しやすい製品です。

このページで触れている洗える布団も、そうした普通の布団より洗濯しやすくなっている布団を指しています。

洗える布団のメリット

洗える布団のメリットは以下の通り。

  • 自宅で洗濯できる
  • 定期的に業者に依頼する費用がかからない
  • 布団が手元に常に存在する

意外と重要なのが、宅配のクリーニングサービスを利用すると布団が手元からなくなることです。

自宅で洗濯する場合、乾きさえすれば替わりの布団は必要ありません。

貸し布団サービスはありますが、有料で利用が少し面倒な可能性があります。

洗える布団のデメリット

デメリットは、以下の通りです。

  • サイズによっては洗濯機で洗えない
  • 洗濯の度に布団が傷む
  • 洗濯後に干す場所の確保が難しい

自宅で洗濯を行う場合、業者に任せる作業をすべて自分で行わなければなりません。

単に手間がかかるというものから、場合によっては自分では不可能な作業もあるでしょう。

特にサイズや重量の問題は重要で、物理的に洗濯が無理であればどうしようもありません。

専門の布団クリーニング業者に依頼する

専門の布団クリーニング業者には持込みで依頼する方法もあるようですが、ここでは宅配クリーニングの業者とします。

布団クリーニング業者のメリット

布団クリーニング業者に依頼する際のメリットは以下の通りです。

  • 送る際の手間しかかからない
  • 布団が傷みにくい
  • 生きたダニが殺せる
  • 専門の機械によって家庭ではできない清潔な仕上がり

手間がかからない点が一番のメリットですが、家庭では取りきれない生きたダニを駆除できることも大きなメリットです。

また、ハウスダスト以外にも通常の汚れ(皮脂やフケやアカ)をこ家庭での洗濯よりも奇麗に洗い落とせます。

布団クリーニング業者のデメリット

デメリットは以下の通り。

  • 1,2週間布団が手元からなくなる
  • 費用がかかる

何よりも費用が必要な点がデメリットです。

しかし、布団のクリーニング頻度は「6ヶ月に1回以上」程度で問題がないので、年2回程度の出費と考えると、まだ検討の余地がありそうです。

また、前述のように多少面倒ではあっても替えの布団を貸し出すサービスもありますから、替え布団を買い足す必要はありません。

結論

冒頭に述べた通りあくまで個人的な結論に過ぎませんが...。

洗える布団を買うよりも、専門業者に布団クリーニングを依頼する方が良いと考えています。

お金がかかる分しっかりとした効果が期待できますし、替え布団など痒い所に手が届くオプションも開発されているからです。

高額なサービスではありませんから、まずは一度試すことをお勧めします。

おすすめの布団丸洗い方法

何度も書いていますが、自宅で布団の丸洗いは大変なので、半年に一度ぐらいの頻度で布団クリーニングを利用することをおすすめしています。

辛く大変な思いをする必要もありませんし、布団を自宅で洗うよりもハウスダストや汚れをキレイに落とせるのですから。

業者に依頼するのは「贅沢なこと」ではなくて、「必要なこと」ですよね。

そんな時に布団以外もまとめて依頼できる便利な業者があります。

布団専門のクリーニング
「フレスコ」

布団のダニ退治 洗濯して、加熱して、吸引して。家から送るだけ!!

布団クリーニングサービスのご利用がはじめてで不安でしたら、筆者が経験済みでダニ駆除にも有効な専門熱処理設備が特徴の布団クリーニングの「フレスコ」をおすすめします。

>>フレスコの口コミを見る

フレスコは、布団だけ(敷き布団と掛け布団のみ)をクリーニングする専門店です。

布団カバーや枕など、布団以外のクリーニングは依頼できません

決済に楽天ID決済(楽天ペイ/RPAY)とAmazonアカウントも使えます。特に楽天ID決済は楽天ポイントを貯められるのでお得です。

詳細や料金は以下の公式ページで。

布団以外もまとめてクリーニング
「リネット」

布団だけではなく、枕、シーツ、毛布、コタツ布団、座布団、ぬいぐるみも可能です!!

布団はもちろん、布団カバー / シーツ / / クッション / 座布団 など数多くの洗濯を依頼できるのが、宅配クリーニングサービスのふとんLenet です。

何も選ばずとも布団は圧縮されて届き、布団用に防ダニ加工オプションもあります。

布団カバーもシーツも丸ごとクリーニングとなれば、リネットをおすすめできます。

詳細や料金は以下の公式ページで(割引キャンペーンの頻度が結構多いです)。

冬布団は
もう洗ってる?