夏布団、
まだ洗ってない?

夫を説得して宅配クリーニングを利用する

  1. 布団クリーニングで丸洗い
  2. > マメ知識
  3. > 布団の洗濯
  4. > 夫を説得して宅配クリーニングを利用する

夫を説得して宅配クリーニングを利用する方法に関して。妻の苦労はなかなか理解されませんが、宅配クリーニングのメリットを考えるとぜひ説得して試していただきたいです。

布団に限らず宅配クリーニングサービスは、主婦の方にはとても心強い味方のはずです。しかし、その良さは旦那様にはわかりにくいかもしれません。

そこで、このページでは旦那様の説得方法について考えてみたいと思います。

前提:旦那様はわかっていない

大前提は、主婦の方と夫との認識の違いです。ここを理解していないと説得どころかケンカになってしまうでしょう。

日々家事をしている主婦であれば、洗濯自体の大変さもさることながら、「何を洗濯するのか」によってかかる時間や労力や仕上がりがどれほど変わるのかを実感されているかと思います。

例えば、シーツやタオルケットのように大きい物は、洗濯機の中で衣類程動いてくれずに汚れ落ちが悪く、干す時は水を吸って重い上に大きな面積をとって邪魔になり、風で飛ばないように注意を払わなければならない。

例えば、Yシャツを洗濯すればシワが酷く、アイロンをかけるだけではなく洗濯のりを効かせないともとの状態にはならない。

例えば、夫の服に着いた皮脂は手モミでなければなかなか落ちず、落ちてもヨレヨレになってしまう。

こういった事柄を分からない、あるいは分かっていても実際に自分でやっていないので実感が伴わない場合、主婦の方がどれほど説得してみても理解してもらえる可能性は低いでしょう。

そもそもの認識が違うということを考えに入れて、対策を練るべきです。

対策1:夫に洗濯をさせる

一番効果的なのは、夫に洗濯をさせ大変さを実感させることです。しかも可能な限り定期的に何度も。

夫ご自身が大変さを自分自身の身体で理解すれば、説得は容易になるはずです。

効果的だが実現は難しい

効果的ですが、それだけに実現はかなり困難でしょう。妻が行っている家事などに理解がない時点で洗濯をさせるのは非常に難しいからです。

ケンカを避けつつ旦那様に洗濯をさせる場合、対価を差し出すのが良いかもしれません。例えば、夫が洗濯をする替りに夫の願い(お小遣いを一定期間UPなど)したり、夫の喜ぶことをする方法です。

「なぜ私がそんなことまでして」と思うでしょうが、だからこそ効果が見込めますし我慢のしどころです。

対策2:メリットを推しまくる

男性は機能性や数値などの「スペック」を好む傾向にあります。そのため、毎回の洗濯で使う洗剤の量や水道代、洗濯の時間をはっきりと伝えた上で、「これらがこの額(宅配クリーニングの料金)で改善される」と説明すると、聞く耳を持つかもしれません。

夫が妻に「苦労をさせたい」「意地悪をしたい」と常に思っている可能性は低く、冒頭に述べたような「わかっていない」のが原因である可能性が高く、そこを理解させるために夫の好む内容で推しまくる方法です。

次善の策として、推しまくることで夫を疲弊させ「もういいからやってみれば?」という言葉を引き出すことも狙えます。

対策3:現実を見せつける

ケンカになりやすそうですが、夫の枕やワイシャツの首元を、洗濯していない状態でそのまま見せます。そして、「家の洗濯機ではこれは落ちない。専門の業者に頼む必要がある」と言います。

皮脂汚れは見た目に気持ちの悪い物ですし、それがしかも他人に指摘された自分のものだとなると...。心理的にはかなりのダメージになるはずです。

気をつけなければいけないのは「あなた(夫)のせいでこんな汚れがつくの!」という言葉やニュアンスは絶対に外に出さないことです。汚れの原因をせめるのではなく、汚れに対応するための説得を行うのが目的であることを忘れてはいけません。

一旦攻撃してしまうとお互いにエスカレートして収集が着かなくなりますから、必ず攻撃だけはしないでください。

対策4:そもそも説得しない

ご夫婦の関係次第にはなるのですが、そもそも夫の判断を仰ぐ必要がないならまず試して、「こんなに奇麗になったよ」と報告するだけよいと思います。

結果とかかったお金をみて、夫が納得すればいいのですから。

ご夫婦それぞれで

ご家庭ごとにご夫婦の状況はそれぞれ違いますが、布団などが汚れていることにはかわりありません。

汚れを落とす手段として宅配クリーニングサービスに魅力を感じたならば、是非ご検討くださいませ。

おすすめの布団丸洗い方法

何度も書いていますが、自宅で布団の丸洗いは大変なので、半年に一度ぐらいの頻度で布団クリーニングを利用することをおすすめしています。

辛く大変な思いをする必要もありませんし、布団を自宅で洗うよりもハウスダストや汚れをキレイに落とせるのですから。

業者に依頼するのは「贅沢なこと」ではなくて、「必要なこと」ですよね。

そんな時に布団以外もまとめて依頼できる便利な業者があります。

布団専門のクリーニング
「フレスコ」

布団のダニ退治 洗濯して、加熱して、吸引して。家から送るだけ!!

布団クリーニングサービスのご利用がはじめてで不安でしたら、筆者が経験済みでダニ駆除にも有効な専門熱処理設備が特徴の布団クリーニングの「フレスコ」をおすすめします。

>>フレスコの口コミを見る

フレスコは、布団だけ(敷き布団と掛け布団のみ)をクリーニングする専門店です。

布団カバーや枕など、布団以外のクリーニングは依頼できません

決済に楽天ID決済(楽天ペイ/RPAY)とAmazonアカウントも使えます。特に楽天ID決済は楽天ポイントを貯められるのでお得です。

詳細や料金は以下の公式ページで。

布団以外もまとめてクリーニング
「リネット」

布団だけではなく、枕、シーツ、毛布、コタツ布団、座布団、ぬいぐるみも可能です!!

布団はもちろん、布団カバー / シーツ / / クッション / 座布団 など数多くの洗濯を依頼できるのが、宅配クリーニングサービスのふとんLenet です。

何も選ばずとも布団は圧縮されて届き、布団用に防ダニ加工オプションもあります。

布団カバーもシーツも丸ごとクリーニングとなれば、リネットをおすすめできます。

詳細や料金は以下の公式ページで(割引キャンペーンの頻度が結構多いです)。

冬布団は
もう洗ってる?