夏布団、
まだ洗ってない?

布団内の湿気は、ダニやカビやハウスダスト対策として非常に重要です。わざわさダニなどが好む環境を用意する必要はないので、布団内の湿気を取除き乾燥させるように留意しましょう。

布団の湿気対策というのは、ハウスダスト対策でもダニ対策でもカビ対策でも非常に重要です。

布団を干す目的

「布団は定期的に干す」というのはよく言われますが、布団を干してどういう効果が期待されているのでしょうか?

布団を干す最大の理由は以下の通りです。

  • 布団の中の湿気を取除く

天日干しにこだわらず陰干しでもよいとされるのもこのためで、布団を干す際には温度は最重要ではありません。

布団の両面の風通しをよくし、空気が流れることで布団内の湿気を布団の中や周囲から取除くことが目的だからです。

布団内の湿度管理の重要性

湿気、というより布団内部の湿度ですが、これは以下のような事柄に影響します。

  • 湿度が高いと、ダニやカビの繁殖に適した環境となる

ダニもカビも乾燥した環境では繁殖しにくいため、可能な限り湿度は下げたほうが良いのです。

布団内の湿度を下げる方法

布団内の湿気を除去し、湿度を下げる方法を幾つかあげてみます。

布団を干す

既に触れてしまっていますが、布団を干すのが基本中の基本です。

必ずしも日に当てる必要はないので、陰干しでも問題ありません。

とはいえ布団をどこにどうやって干すかは大きな問題ですから、多少は布団を干す環境整備が必要です。

布団干しの詳細は別のページに書いていますので、以下のリンクよりご覧下さい。

除湿シートを敷く

直接的かつ床面にも効果がある方法が、布団の下に除湿シートを敷く方法です。

繰り返し利用できるものもあるようですが、そのためには使用後のこまめな手入れ(掃除や湿気抜きなど)が必要なようで、手間は必要です。

手間いらずの除湿シートもありますが、そういったものの多くは使い捨てになるでしょう。

布団の洗濯と同じですが、手間をかければ安く湿気対策ができる可能性は高く、手軽に布団の湿気対策をしたいならお金がかかるという結論になりそうですね。

おすすめの布団丸洗い方法

何度も書いていますが、自宅で布団の丸洗いは大変なので、半年に一度ぐらいの頻度で布団クリーニングを利用することをおすすめしています。

辛く大変な思いをする必要もありませんし、布団を自宅で洗うよりもハウスダストや汚れをキレイに落とせるのですから。

業者に依頼するのは「贅沢なこと」ではなくて、「必要なこと」ですよね。

そんな時に布団以外もまとめて依頼できる便利な業者があります。

布団専門のクリーニング
「フレスコ」

布団のダニ退治 洗濯して、加熱して、吸引して。家から送るだけ!!

布団クリーニングサービスのご利用がはじめてで不安でしたら、筆者が経験済みでダニ駆除にも有効な専門熱処理設備が特徴の布団クリーニングの「フレスコ」をおすすめします。

>>フレスコの口コミを見る

フレスコは、布団だけ(敷き布団と掛け布団のみ)をクリーニングする専門店です。

布団カバーや枕など、布団以外のクリーニングは依頼できません

決済に楽天ID決済(楽天ペイ/RPAY)とAmazonアカウントも使えます。特に楽天ID決済は楽天ポイントを貯められるのでお得です。

詳細や料金は以下の公式ページで。

布団以外もまとめてクリーニング
「リネット」

布団だけではなく、枕、シーツ、毛布、コタツ布団、座布団、ぬいぐるみも可能です!!

布団はもちろん、布団カバー / シーツ / / クッション / 座布団 など数多くの洗濯を依頼できるのが、宅配クリーニングサービスのふとんLenet です。

何も選ばずとも布団は圧縮されて届き、布団用に防ダニ加工オプションもあります。

布団カバーもシーツも丸ごとクリーニングとなれば、リネットをおすすめできます。

詳細や料金は以下の公式ページで(割引キャンペーンの頻度が結構多いです)。

冬布団は
もう洗ってる?