夏布団、
まだ洗ってない?

布団クリーニングで洗える素材と洗えない素材

布団クリーニングで洗濯可能な布団の素材をご紹介。なんでも洗える訳ではないので、布団を購入する際には素材に十分注意しましょう。

布団の素材もいろいろで、洗濯可能かどうかは用いる手段によっても変わってしまいます。

そこで、このページでは当サイトでご紹介している布団クリーニングサービスの「フレスコ」の例を挙げて洗える布団素材と洗えない布団素材をお伝えします。

クリーニング可能な布団素材

専門業者が専門の機械を用いるという前提ですが、以下が布団クリーニングサービスに依頼した際に洗濯可能な布団の素材です。

  • 羽毛(※ノンキルト不可)
  • 羊毛(※ムートン不可)
  • 綿(※シルク不可)
  • ポリエステル(※一部商品は不可)
  • ウレタン(※低反発不可)
  • アクリル
  • 洗える素材同士の混合素材

基本的にはほとんど大丈夫なのですが、特定の素材がダメなようです。

※印の部分を含め、洗えない布団素材に関しては次項をご覧下さい。

クリーニング不可能な布団素材

続いて、クリーニングができない布団の素材です。

  • シルク
  • ムートン
  • ノンキルト羽毛布団
  • ソバガラなどの羽毛以外の枕
  • 座布団
  • 低反発ウレタン

前項と重複している部分もありますが、以下に詳細を記載します。

ノンキルトの羽毛布団

ノンキルトというのは、羽毛布団に縦横や斜めや波線状などの縫い目がない状態を指します。

この場合は大抵接着剤が用いられており、洗濯によって確実にはがれます

キルティングは羽毛の偏りをなくして保温性能を高め、同時に耐久性も向上させる目的がありますが、洗濯においてもこのキルトの役割が重要です。

キルティングされていない場合、羽毛をつつむ単なる袋にすぎませんから、洗濯によって中身全体が絡まったり圧縮されやすく、乾燥後でも偏りが大きくなってしまいます。

そのため、ノンキルトの羽毛は洗濯ができない(といいますかやるべきではない)のです。

ただし、独自の製造方法でノンキルトながら洗濯可能という商品も存在するようです。

洗濯可能なノンキルト商品は、後述する「洗えるノンキルト掛け布団」の項をご覧ください。

クリーニングできないポリエステルの布団の具体例

ポリエステルで洗えない製品というのは、例えば以下の製品です。

  • ミクロガード(帝人)
  • ダニゼロック(ヤマセイ)
  • クリニックふとん(カービックジャパン)

ミクロガードやダニゼロック、クリニックふとんは、いわゆる「高密度の生地」で作られていて、それぞれに非常に繊細な製品であり、洗濯自体に向きません

また、そもそもですがこれらはハウスダストやダニ対策の製品でもあるので、「布団クリーニングでハウスダストやダニ対策」という趣旨から外れていることも確かです。

シルクの布団

シルクは洗うと縮むため、中綿までシルクの布団は洗えません。

しかし、シルク生地が側面に使われている程度なら洗濯は可能だそうです。

シルクは高級だけあって素晴らしい素材ではあるのですが、扱いが難しく洗濯にはあまり向かないもと理解しておいた方が良さそうです。

自宅で洗える素材の布団

布団クリーニング可能な素材はいろいろですが、基本的には自宅での洗濯であればどの素材でも難しいです。唯一とも言えるのは「洗濯可能」と表示されている新素材でしょうか。

もちろん、洗濯機に入りさえすれば洗剤につけて回すことは可能でしょう。

しかし、汚れが落ちるかどうかは別ですし、繊維が偏り使い物にならない状態になってしまいます。

そのため、現実的にはほとんどの布団素材が洗濯できないと考えた方がよいです。

洗えるノンキルト掛け布団

筆者は使ったことがないのであくまで情報をお伝えすることしかできませんが、洗えるノンキルトの掛け布団も販売されています。それが以下の商品です。

ノンキルト・コンフォレルDE(ダウンエッセンス)×アルファイン掛け布団

ノンキルトで洗濯OKとのことですが、その理由として生地をつなぐ際に接着剤を使わずに熱だけで接着しているからとのことです。以下に該当部分を引用します。

針穴が全く無いノンキルト洗える防ダニ布団です。

今までの防ダニ布団では、洗える素材の布団・側生地でダニを防ぐ布団・それを合せた布団等がございます。

しかしどうしても縫製加工品という事で針穴が出来てしまいました。それを日の本寝具独自の工夫、細い針に太い糸を使い縫製する事で縫製部分の防ダニ化を実現してきました。

しかしついに完全熱圧着技術による縫製品でない洗える防ダニ布団を完成させる事が出来ました。

確かに「接着剤が溶け落ちるから洗えない」という点はクリアされているように思えます。

商品の説明として丸洗いOKとも書いていますし。

ではこれを宅配の布団クリーニングサービスに依頼できるかと言えば、難しいのが現状だと思います。布団丸洗いの「フレスコ」のように洗濯の過程で熱処理を行う場合、熱で接着した部分がどうなるのかはわからないからです。

加えて、キルティングではないために中身が偏る可能性も気になります。

このノンキルト掛け布団は以下のように羽毛ではないのですが、繊維に変わりはありませんので。

中わたにはウォッシャブルで速乾性があり、羽毛にも匹敵する保温性を併せ持つ高機能化学繊維「コンフォレル®ダウンエッセンス」を使用。

ご自宅で布団丸洗いを試すのは問題ないと思いますが、「洗濯OKのノンキルト掛け布団」という商品だからといって依頼ができるとは考えない方がよいでしょう。

もしもこのノンキルト掛け布団を購入し、かつ宅配の布団クリーニングサービスをご利用になる場合は、必ず依頼前に洗濯可能かどうか(あくまで業者の設備で可能かどうかという点が重要です)を確認してください。

クリーニングと布団素材のまとめ

クリーニングなどのメンテナンスまで含めて考える場合、布団の素材選びは非常に重要です。クリーニングできない素材の掛け布団や敷き布団を買ってしまうと、もうどうしようもありませんから。

アレルギー性鼻炎がひどく、寝具のハウスダストに悩まされている方は特に注意が必要です。対策が施せない以上、鼻炎が改善する可能性はどんどん低くなります。

安い布団を使い捨てにする手も確かにありはしますが、経費や手間にそれなりの覚悟が必要なのは当然ですし、そもそもエコロジーなどとは真逆の発想ですから心苦しい部分も出てくるかもしれません。

布団の洗濯や乾燥、洗濯頻度などに関する注意点などもありますが、そちらは「布団の洗濯」のカテゴリートップからご覧下さい。

布団クリーニング全体に関しては、まずTOPページをご覧いただければと思います。

なお、フレスコの場合は、事前に電話やメールで洗えるかどうかを質問することで大抵解決します。万が一洗えない布団を送った場合は検品で洗濯から除外されたのち連絡が行くとのことですから、洗濯によって誤って布団をダメにすることはありません。

詳細は下部のフレスコのページでご確認くださいませ。

おすすめの布団丸洗い方法

何度も書いていますが、自宅で布団の丸洗いは大変なので、半年に一度ぐらいの頻度で布団クリーニングを利用することをおすすめしています。

辛く大変な思いをする必要もありませんし、布団を自宅で洗うよりもハウスダストや汚れをキレイに落とせるのですから。

業者に依頼するのは「贅沢なこと」ではなくて、「必要なこと」ですよね。

そんな時に布団以外もまとめて依頼できる便利な業者があります。

布団専門のクリーニング
「フレスコ」

布団のダニ退治 洗濯して、加熱して、吸引して。家から送るだけ!!

布団クリーニングサービスのご利用がはじめてで不安でしたら、筆者が経験済みでダニ駆除にも有効な専門熱処理設備が特徴の布団クリーニングの「フレスコ」をおすすめします。

>>フレスコの口コミを見る

フレスコは、布団だけ(敷き布団と掛け布団のみ)をクリーニングする専門店です。

布団カバーや枕など、布団以外のクリーニングは依頼できません

決済に楽天ID決済(楽天ペイ/RPAY)とAmazonアカウントも使えます。特に楽天ID決済は楽天ポイントを貯められるのでお得です。

詳細や料金は以下の公式ページで。

布団以外もまとめてクリーニング
「リネット」

布団だけではなく、枕、シーツ、毛布、コタツ布団、座布団、ぬいぐるみも可能です!!

布団はもちろん、布団カバー / シーツ / / クッション / 座布団 など数多くの洗濯を依頼できるのが、宅配クリーニングサービスのふとんLenet です。

何も選ばずとも布団は圧縮されて届き、布団用に防ダニ加工オプションもあります。

布団カバーもシーツも丸ごとクリーニングとなれば、リネットをおすすめできます。

詳細や料金は以下の公式ページで(割引キャンペーンの頻度が結構多いです)。

冬布団は
もう洗ってる?