夏布団、
まだ洗ってない?

布団の洗濯で落とせる汚れと落とせない汚れ

布団クリーニングに依頼した際の落とせる汚れと落とせない汚れの一例をご紹介。専門業者だからといってどんな汚れでも落とせるわけではありません。

布団の宅配クリーニングを依頼する際に気になるのは、どういった汚れがとれて、どの汚れがどれないのかという点かもしれません。当サイトでご紹介している布団クリーニングサービスの「フレスコ」の例を挙げて汚れへの対応をご紹介します。

布団クリーニングの概要

最初に、布団クリーニングの概要を。

  • 水洗い
  • タンパク質分解酵素と皮脂汚れ用中性洗剤を使用(前処理)
  • 環境ホルモンや発がん性物質を含まないオリジナルの布団専用洗剤を使用
  • 専用大型機械による高温乾燥

工程としては複数回の洗浄や乾燥などがあり上記以上の段階を踏んでいますが、概要としては上記のような形です。

布団クリーニングで落とせる汚れ

布団クリーニングに依頼して落とせる汚れの一例は以下の通りです。

  • 最近つけたシミ(血液などのタンパク質系の汚れ含む)
  • 中わたの汚れ(わたほこり・おねしょ・雑菌など)

工程の概要で書いたように、タンパク質分解酵素を使っているため血液などのタンパク質系の汚れが落とせます。タンパク質性の汚れとしては、育児の際にどうしても付着しやすい母乳などもあるようです。

なお、慢性的な鼻炎などのアレルギー問題の原因となるハウスダスト、つまりダニの死骸や糞ですが、それらダニに起因する汚れも洗濯で落とせます

布団クリーニングで落とせない汚れ

布団クリーニングに依頼して落とせない汚れの一例は以下の通りです。

  • 古いシミ
  • カビ(菌は死滅するが、黒い斑点がのこる)
  • 動物の糞尿のニオイ
  • 油性ペン・蛍光マーカー

古いシミは酸化してしまっているためとれないそうです。一応、ある程度薄くすることはできないこともないようですが、古いシミを無理に落とそうとすると繊維を傷めるため、布団自体にダメージを与えてしまいます。古いシミに関しては諦めた方がよいでしょう。

その他には、ペットを飼われている方にはおなじみの動物の糞尿も難しいそうです。臭いは薄まるようですが、できてその程度というレベルです。
油性のマジックなどの汚れもとれません。

無理なものは無理

布団クリーニングも万能ではないので、取れない汚れは存在します。特に時間が経ったものや油性のものなどはまず無理でしょう。

しかし、最近のシミなどはとれますし、当然取れる汚れはあります。汚れとは別のハウスダストやダニも除去できますし、布団クリーニングをやるかやらないかであればやったほうが当然きれいにはなります。

布団も消耗品ですから、使えば使うだけ、洗えば洗うだけ消耗していきます。布団を使う側としてできることは、「布団を長持ちさせる」ために努力することのみです。「布団を新品の状態に回復させる」ことを目的にしていてはなにもできません。

おすすめの布団丸洗い方法

何度も書いていますが、自宅で布団の丸洗いは大変なので、半年に一度ぐらいの頻度で布団クリーニングを利用することをおすすめしています。

辛く大変な思いをする必要もありませんし、布団を自宅で洗うよりもハウスダストや汚れをキレイに落とせるのですから。

業者に依頼するのは「贅沢なこと」ではなくて、「必要なこと」ですよね。

そんな時に布団以外もまとめて依頼できる便利な業者があります。

布団専門のクリーニング
「フレスコ」

布団のダニ退治 洗濯して、加熱して、吸引して。家から送るだけ!!

布団クリーニングサービスのご利用がはじめてで不安でしたら、筆者が経験済みでダニ駆除にも有効な専門熱処理設備が特徴の布団クリーニングの「フレスコ」をおすすめします。

>>フレスコの口コミを見る

フレスコは、布団だけ(敷き布団と掛け布団のみ)をクリーニングする専門店です。

布団カバーや枕など、布団以外のクリーニングは依頼できません

決済に楽天ID決済(楽天ペイ/RPAY)とAmazonアカウントも使えます。特に楽天ID決済は楽天ポイントを貯められるのでお得です。

詳細や料金は以下の公式ページで。

布団以外もまとめてクリーニング
「リネット」

布団だけではなく、枕、シーツ、毛布、コタツ布団、座布団、ぬいぐるみも可能です!!

布団はもちろん、布団カバー / シーツ / / クッション / 座布団 など数多くの洗濯を依頼できるのが、宅配クリーニングサービスのふとんLenet です。

何も選ばずとも布団は圧縮されて届き、布団用に防ダニ加工オプションもあります。

布団カバーもシーツも丸ごとクリーニングとなれば、リネットをおすすめできます。

詳細や料金は以下の公式ページで(割引キャンペーンの頻度が結構多いです)。

冬布団は
もう洗ってる?