夏布団、
まだ洗ってない?

布団や室内のダニに関する種類や駆除方法などのダニ対策情報

  1. 布団クリーニングで丸洗い
  2. > マメ知識
  3. > 布団や室内のダニに関する種類や駆除方法などのダニ対策情報

ハウスダストの主原因であるダニに関しての情報。布団に住み着くダニの種類やその駆除方法など、布団の中のダニに関する事柄を中心に記載しています。

ハウスダストの原因となるダニに関するページの一覧です。

ダニ関連ページ一覧

布団や室内のダニとハウスダストの概要

ダニと言っても色々な種類や生息場所があります。

当サイトでは、鼻炎などのアレルギー性鼻炎の原因となるハウスダストに関連する情報がメインですから、家に住むダニ、つまり家ダニに関する内容です。

元々、家ダニには人を噛んで赤い腫れを起す害虫というイメージがあるかと思います。

それこそダニや蠅や蚊などを食べる蜘蛛のように益虫とは違い、人間視点ではダニは邪魔にしかなりません。

もっとも、蜘蛛も繁殖する数を考えるとイヤなものではありますが。

なお、ダニはそのままではハウスダストとは言えません。ハウスダストとして鼻炎の原因(アレルゲン)になるのは、ダニのフン細かくなったダニの死骸です。

ダニが鼻に入ること自体気持ち悪くて考えたくもないですが、それとはまた違う観点で考えなければなりません。

つまり、ダニを退治して根絶することが目的ではなく、あくまでダニから発生するハウスダストを低減して抑えることが目的となります。

ここを間違えるとはハウスダスト対策がもっと大変になりますから、ある程度の現実的な妥協点として「ダニを根絶することは必須ではない」という認識を持つことをおすすめします。

基本は掃除と洗濯

室内のハウスダストやダニは0にはできません。

いくつか理由はありますが、そもそも人間がフケなどの発生源であり、出入りする以上外からの侵入は防げないからです。

前項でも「現実的な妥協点」と書いていますが、落としどころとしては「室内は掃除」「布団は掃除機掛けと洗濯(丸洗い)」がベターです。

布団を洗濯するように室内も洗濯できればよいのですが、流石にそれは無理です。

せめて掃除(と換気など)をしてハウスダストが蓄積や滞留をしない環境をめざしましょう。

布団のダニが繁殖しやすい場所

室内には布団のダニが繁殖しやすい場所も存在しますので注意が必要です。

詳細は「布団のダニとダニ対策の基本」をご覧頂ければと思いますが、「押し入れ」には注意が必要です。

『ダニを殺して終わり』ではない

上記で触れていますが、ハウスダスト対策にとしてはダニを殺すだけでは不十分です。ダニの死骸がハウスダストになるのですから、「殺したダニを取除く」必要があります。

ご自宅で高性能な布団乾燥機をお持ちの方でも、個人で布団の中身の繊維に絡まってるダニの死骸を奇麗に取除くことができるでしょうか?

仮に「ダニを必ず殺せる洗濯機/乾燥機」があるならば価値は確かにありますが、それに加えて「ダニの死骸を繊維中から取除く方法」がなければなりません

ダニは生きていれば糞がハウスダストになり、死ねば死骸がハウスダストになる厄介者であることをわすれてはなりません。

なお、「ダニを必ず吸い取れる掃除機」があるなら話は別です。「殺す」のではなく「吸い取る」のですから。もちろん、そういう掃除機が存在するなら、ですが。

おすすめの布団丸洗い方法

何度も書いていますが、自宅で布団の丸洗いは大変なので、半年に一度ぐらいの頻度で布団クリーニングを利用することをおすすめしています。

辛く大変な思いをする必要もありませんし、布団を自宅で洗うよりもハウスダストや汚れをキレイに落とせるのですから。

業者に依頼するのは「贅沢なこと」ではなくて、「必要なこと」ですよね。

そんな時に布団以外もまとめて依頼できる便利な業者があります。

布団専門のクリーニング
「フレスコ」

布団のダニ退治 洗濯して、加熱して、吸引して。家から送るだけ!!

布団クリーニングサービスのご利用がはじめてで不安でしたら、筆者が経験済みでダニ駆除にも有効な専門熱処理設備が特徴の布団クリーニングの「フレスコ」をおすすめします。

>>フレスコの口コミを見る

フレスコは、布団だけ(敷き布団と掛け布団のみ)をクリーニングする専門店です。

布団カバーや枕など、布団以外のクリーニングは依頼できません

決済に楽天ID決済(楽天ペイ/RPAY)とAmazonアカウントも使えます。特に楽天ID決済は楽天ポイントを貯められるのでお得です。

詳細や料金は以下の公式ページで。

布団以外もまとめてクリーニング
「リネット」

布団だけではなく、枕、シーツ、毛布、コタツ布団、座布団、ぬいぐるみも可能です!!

布団はもちろん、布団カバー / シーツ / / クッション / 座布団 など数多くの洗濯を依頼できるのが、宅配クリーニングサービスのふとんLenet です。

何も選ばずとも布団は圧縮されて届き、布団用に防ダニ加工オプションもあります。

布団カバーもシーツも丸ごとクリーニングとなれば、リネットをおすすめできます。

詳細や料金は以下の公式ページで(割引キャンペーンの頻度が結構多いです)。

どうすればハウスダストをなくせるの?

慢性的な鼻炎や咳の原因となる、ハウスダストの対策方法を1ページにまとめています。

自宅で洗える布団でダニ対策?

自宅で洗濯できる布団に関して1ページにまとめています。

冬布団は
もう洗ってる?